旅人が未来の家族のカタチを作るシェアハウスを大阪にオープンします!!

 

「旅人が未来の家族のカタチを作るシェアハウスたびがらす」を1月にオープンします!!

 

旅人がふらっと来たり自分の夢や想いを表現したり、それを実現するための仲間に出会えるみんなの秘密基地のようなシェアハウスたびがらすがもうすぐオープンします!!

 

どんなシェアハウス?

 

「たびがらす」ではみんなの実現したいことはみんなの力でなんでも実現することを目指します。

 

みんなでシェアハウスをDIYして理想のシェアハウスを目指す。

→みんなで床や壁をリフォームしたり、庭にウッドデッキ作って常設テントを張ってグランピングのような庭を作ったり、常にシェアハウスは進化し続けます。

 

みんなの集まりたいときに集まる。

→いつでもBBQし放題、夜はみんなで夢を語っていっしょに寝る。まるで毎日みんなでキャンプしているかのような生活。

 

シェアハウスをシェアする

→全国にある住み開きシェアハウスを自由に行き来できるようにシェアハウス同士のつながりを可視化し、シェアハウス同士の交流を定期的に行います

 

旅をしたいときに旅をする。

→ほかのシェアハウスを旅するように各地を転々とする旅暮らしキャラバンをします。

 

このシェアハウスにきて何がしたい?

 

「たびがらす」にきて生涯関われる家族のような仲間がいろんなところにできたら?

 

「たびがらす」にきて自分のやりたいことや好きなことが全部仕事になって毎日好きなことしかしなくてもよくなったら?

 

「たびがらす」にきて世界中どこでも家と言えるような居場所ができたら?

 

好きなときに旅にいって、好きなときに仲間と一緒に暮らして、仲間と一緒に好きな仕事をして。

 

「たびがらす」はそんな旅人にとって理想なライフスタイルを実現するためのシェアハウスです。

 

「たびがらす」に住んだらできること

 

1、自分の好きなことに対して本気になれる仲間を世界中に作りたい人を集めます

2、「たびがらす」で自分らしく生きる方法を伝えるイベントや旅人がいつまでも旅人でいれる方法を伝えるイベントをします

3、本気の仲間を集めることができる場所にシェアハウスを作りにDIYできる仲間と一緒にどこでも行きます

4、夢を叶えるためのきっかけやつながりがある場所を世界中どこでもキャラバン(旅)します

。

5、訪れた人や住人を自分の身の回りのコミュニティを繋げるツアーをすることでコミュニティ同士の循環を生みます。

6、自分の夢を叶えたい人は自分の活動を発信し、個人をメディア化させるための力を身につけます。

7、「たびがらす」の住民関係なく、外国人でも誰でも自分の人生に本気な人を共に応援します。

 

もし、自分の人生が1冊の本の物語だとして自分らしく生きるための仲間、仕事、暮らし、何もかもが自分で選択することできたときあなたの人生はどんな物語を描く?

 

おそらく、この本の物語が全く同じ人は1人としていないはず。

それと同時に今まで死んでしまった数多くの人は誰一人として同じ人生を生きていない。

それぞれの個性があるからこそ本の物語は全く違うはず。

その個性にはその人らしさが詰まっていてその人の人生への本気さの表れであり、

本気で生きる人生だからこそ苦しいことも悲しいことも楽しいこと嬉しいことがあり、

その物語は人の共感を生み、感動させる。

そして、その共感はそんな物語を描きたい、つまり人生を本気で生きたいと思う証であり、

それは夢を叶えるための原動力となるだろう。

これからやろうとすることはみんなが自分の物語の主人公であってみんながほかの仲間の物語の登場人物。

あなたの物語にはどんな仲間が登場する?

その仲間はいつあなたと出会って、どんなことをしてどんな役割を果たすのだろう?

物語にはたくさんの登場人物がいて、それぞれがお互いに何らかの意味を与え合っている。

「たびがらす」はあなたの物語の最初の舞台でここで出会う人はおそらくそんな登場人物のうちの1人なのかもしれない。

 

なんでそんなシェアハウスを作るの?

その1

今、世の中はお金、モノなど目に見える物質的な豊かさではなく、

つながりや居心地の良さなど目に見えない精神的な豊かさを求める時代になりました。
つまり、「自分の好きな仲間といて自分の好きな時間に好きな仕事をして好きな場所にいる」という

自分の好きなライフスタイルに対して価値がおかれる世の中になったのに

社会は資本を持つ人に権力が集まるので資本を持つ人が生きやすい世の中であり、

好きなことをして生きる人は資本を持たなければ生きづらい世の中です。

しかし、人は好きなことをして生きるとき人間としてのエネルギーが1番大きく、

そのエネルギーによって多くの人が集まります。

そんな人がたくさん現れたら多くの人が好きなことをして生きる人を評価するのではないでしょうか。

その評価は価値へと変わり、その価値を多くの人が必要とする世の中になる。

そんな時代に変わりつつあるように思えるからです。

 

その2

その1を強く思うきっかけになった学生の頃にさかのぼります。

当たり前のようにいわゆる一般的と言われる学生生活を送る中で、

なぜか自分はこの世界では自由に生きることができていないという社会に対しての

生きづらさを感じていました。

就職はしたくない、勉強もしたくない、旅をして自由になって遊びたいという

ただ単に逃避行をしたいだけの人間でした。

そんな折、出会ったのが現在人気YouTuberとして活動するジョーブログのジョーでした。

彼のもとにはいつも自分自身で未来を切り開こうとする自分たちと同じくらいの年の仲間が彼を囲み、

自分もそんな仲間の1人でした。

まさに好きなことをしている人間には多くの人が集まる1つの例であると思います。

ぼくはその仲間たちとならなんでもやれる気がするという思いで学生生活は大学ではなく、

彼らとの活動の時間に費やしました。

気づけばかつての仲間たちとの活動よりもジョーブログとしての活動が中心になり、

アメリカゼロ円横断旅やアマゾン川をイカダで下ることになった南米縦断旅に出たり、

YouTube活動を重ね、ジョーブログは少しずつ知名度を獲得していきました。

 

しかし、自分にはかつての仲間もいっしょに好きなことをして

みんなで自分の欲しい未来を作ることを夢見ていた自分がいました。

自分だけではなく、みんながそんな生き方ができることに意味があると思ったからです。

だからこそみんなでその生き方を作るためにこのシェアハウスを始めようと思いました。

「たびがらす」には自分のやりたいことがわからなかったり、

一歩踏み出したものの本当にこれで正しかったのか道を見失ったり、

夢を実現する前の発展途上の仲間がたくさん集まります。

好きなことをして生きる人に価値がおかれるようになりつつありますが、

まだまだ夢を叶える前の人が多くの人に受け入れられる世の中ではありません。

だからこそ、「たびがらす」は夢を持って自分の好きなことで生きたい人を

応援することを目的にすることで自分や誰かの個性や生き方を

お互いに受け入れられる社会を目指しています。

「たびがらす」に来る人だけでなく、夢に生きるたくさんの仲間たちが手を取り合って志をシェアすることで

お互いの個性を応援し合えることが社会が誰かの個性を受け入れる理想の社会の近道だと思っています。

社会が形にとらわれない生き方を受け入れるようになれば、

みんなが他人の目やステレオタイプのような目に見える範囲の形だけで

物事を捉える価値観を気にする必要はなくなり、自分の個性を輝かせ、

個々の役割を最大限に発揮できる人が増え、結果的に自分の好きな生き方をすることが

社会のためになる世の中になるのではないでしょうか。

シェアハウス基本情報

お問い合わせ・住民募集はコチラからお願いします

saigo919@gmail.com

05035503150

地下鉄四ツ橋線 岸里駅 徒歩30秒 (難波まで5分)
地下鉄堺筋線 天下茶屋駅 徒歩5分
南海本線・高野線 天下茶屋駅 徒歩5分
南海本線 岸里玉出駅 徒歩10分
阪堺線 聖天坂駅 徒歩10分

規模:10名(男/女)

家賃(共益費・光熱費・ネット代全て込み)
1階 ドミトリー 32000円 空室
2階 ドミトリー 32000円 満室

【初期費用】

初期費用 10000円
(退去後の入居には初期費用は一切入りません)

【各部屋設置】

ベッド、収納

【共有設備】

メインリビング、キッチン備品、洗面台、洗濯機、TV、ゲーム、風呂、炊飯器、電子レンジ、冷蔵庫、エアコン、庭の設備

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です